タコブログ〜公認心理師と共に楽しむ〜

日々が楽しくなるようなコツを、公認心理師が心理学の知識を用いて紹介します。また、世の中の名言(時に迷言)を独断と偏見で心理学的に解釈していきます。

大学教員の定年と、それにまつわるあれやこれや

f:id:ikizuraitako:20211004231132p:plain

こんにちは、タコです。

 

いきなりですが皆さんに質問です。

 

皆さんは、定年までガッツリと働きたい派ですか?

 

それとも、働かなくていいなら、さっさと退職したい派?

 

このブログでもちょいちい自己紹介しておりますが、

私はつい最近まで大学で心理学を教えていました。

 

その大学で一番の若手教員として、日々、教育と研究に励んでおりましたが、当時、ふと疑問に思ったことがあったので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

 

定年の延長

 

「タコさん知ってる?〇〇先生が、定年の延長を希望しているらしいよ」

 

ある日のこと、大学の事務さんから言われた言葉です。定年の延長??その時、まだ大学に勤め出して間もなかった私は、彼女の言っている意味がよくわかりませんでした。

 

タコ:「それって、まだ大学をやめないってことですか?」

 

事務さん「そうそう。その先生の希望が通れば、あと3年はこの大学にいられるんだってさ」

 

私が勤めていた大学では、このように、定年の延長を希望する先生がいらっしゃいました。

 

そして、場合によっては、大学の方から定年を迎えた先生に、定年の延長をお願いできないかと頼んでいるケースもありました。

 

大学の教授というのは、結構な給料をもらっていたように思います。

 

そのお給料を、ちゃんと貯金や投資にまわしていなかったのかしら?

 

と思ってしまうほど、どうして定年を延長してまで働きたいのかが、さっぱり分かりませんでした。

 

65歳を超えてもなお、働きたいというその理由が知りたくなり、私は先生に尋ねてみることをしました。

 

定年を延長する理由

 

聞いたタイミングは、ちょうどその先生から飲みに誘われた時でした。地下に潜っていくような薄暗いBARのカウンターで聞いたと思います。

 

「先生はどうして定年の延長を希望されたんですか?」

 

出し抜けに、そんなストレートな聞き方をしていたと思います。尋ねられた先生は少し驚いたような顔を見せて、すぐに笑いながら答えました。

 

「若手からすると、老兵はもう邪魔でしょうがないか?」

 

いやいや、そんなことを言いたいんじゃないです。単純な疑問です。どうしてそんなに働きたいんですか?お金に困っているようには思えませんが?

 

お酒の勢いもあり、今思うとかなり図々しい質問を、躊躇いもなく重ねていました。するとその教授は、ちょっとおどけて見せながら、

 

「自分の研究の終わり時は、自分で決めたいんだよ」

 

いや、あんたここ数年、ぜんぜん論文書いてなかったじゃん。という言葉は飲み込んで、はあ、そんなもんですか、とだけ返しました。正直、ただカッコつけているだけのように思えたのです。そして、

 

「タコくんも、僕ぐらいの年齢になると分かるよ」

 

と、その教授に言われたことを今でも覚えています。結局その先生の延長は、1年間だけ大学から認められました。

 

終わり時を自分で決めるということ

 

その教授に限らず、定年を超えてもなお、各業界で活躍されている方は世の中にたくさんいると思います。

 

定年を延長する理由は人それぞれだと思いますが、仕事をもっとやりたい!と思いながらの延長は、もしかしたらちょっと幸せなのかな、とも想像したり。。。

 

今はまださっぱり分かりませんが、自分ももっとベテランになったら、まだ働いていたい、とか、定年を延長したいと思えるようになるのでしょうか。

 

皆さんは定年の延長について、どのようにお考えですか?

コメント等でご意見もらえたら嬉しいです。定年の延長について、ぜひ、皆さんの考えを教えてください。

 

それでは、今日も皆さんにとって良い一日なりますように。

 

またね!!

 

その他の記事もよろしければぜひ!

 

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

www.takonoblog.com

 

 

あなたの1ポチが、心理職とタコをHappyにします🙇

お好きな方のバナーをポチってもらえると、とても嬉しいです!↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ