タコブログ〜公認心理師と共に楽しむ〜

日々が楽しくなるようなコツを、公認心理師が心理学の知識を用いて紹介します。また、世の中の名言(時に迷言)を独断と偏見で心理学的に解釈していきます。

怒られることについて書いてみた!

f:id:ikizuraitako:20211127070707p:plain

 

皆さん、こんにちは。タコです。

 

今日もふと思ったことを書いていきたいと思います。

 

怒られること

 

怒られることについて。皆さんは、大人になってから怒られていますか?

 

私は大人ですが、ごくたまーに、怒られます。

 

怒られるって嫌ですよね。その怒られ方にもよりますが、怒られると基本的に気分が落ち込みます。

 

なので、極力、怒られることを避けようとしますが。。。

 

怒られることを恐れてばかりいると、気を使いすぎたり、行動制限がかかってしまたり等、生活しずらくなってしまいます。

 

怒られやすいとかあるのかな?

 

怒られるということをよくよく思い返してみると、私は同性の方から怒られた経験がほとんどありません。

 

一方で、女性の目上の方からは、まあ怒られてきたかなあという印象です。

 

異性の年下は怒りやすい、とか、同性の年下は怒りにくい、とかあるのかな。

 

目上の異性から怒られやすい(といってもそれほど多くはありませんが)体質なのかもしれません。

 

怒られた時にしていること

 

明らかに理不尽に怒られている時を除いて、怒られた時に私がやっていることを紹介します。

 

怒られているポイントが、相手の認識とずれていないか確認する。

 

「何」で今、自分が怒られているのか、ちゃんと反省したいから、相手に確認します。

 

「この度は本当に申し訳ございませんでした。〇〇の件に関して、今後はこのようなことがないように△△をしてしっかりと対策したいと思いますが、他に、私が気をつけるべきことはあるでしょうか?」

 

という具合に、自分はこの件を反省していて、今後はこういう点を気をつけようと思っているのだけれど、それで合ってますか?という認識で聞いています。

 

こんな風に、怒られポイントを確認することは、人との認識がずれやすい私にとって、この確認作業は必須事項です。

 

怒った人のせいにしない

 

基本的にはどんな時も、「自分が悪い」という立場に立ちます。

 

もちろん、怒られているので基本的には私が悪いことがほとんどですが、中には、「えっ、それは本当に俺が悪いの?」と思えるようなものもあります。

 

そんな時でも「まあ、自分が悪いよね」と思うようにします。

 

自分が悪いと思えると、いくらでも解決策を浮かべることができます。

 

紙に書く

 

そして、浮かんだ解決策を紙(携帯のメモ帳)に書きます。何を気をつけるべきなのか、忘れないために、しっかりと書き込んでたまに見返したりします。

 

以上、怒られた時は、その感情に悶々としたり、怒った人を悪く言ったりするのではなく、自分の何が原因だったのか、なるべく解決思考でいくように意識しています。

 

皆さんは、どんな人に怒られやすいとか、怒れれた時意識していることなどありますか?もしあればぜひ教えてください。

 

あなたの1ポチが、心理職とタコをHappyにします🙇

でも怒られることは嫌だよね!お好きな方のバナーをポチってもらえると、とても嬉しいです!↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ